プログラミング教室とロボット教室の違いを比較してわかりやすく解説します

プログラミング教室とロボット教室の違いを比較してわかりやすく解説します

「はじめてのロボット教室」では、以下3点を常に心がけて更新しています。

・最新の情報であること

・嘘偽りのない、正しい情報であること

・誤字脱字がなく、見やすく読みやすい内容であること

万が一、当サイト内の情報に間違いや誤字・脱字を見つけた場合には、ご一報頂けますと幸いです。

ご連絡はこちらからお願いします

子どもにプログラミングを習わせたいんだけど、プログラミング教室とロボット教室とではどう違うかしら?

2020年から始まるプログラミング教育に向けて、多くの親が準備を始めています。

わが家では色々検討した結果、プログラミング教室ではなくロボット教室に通わせることにしました。

ロボットの方が楽しく遊びながらプログラミングを学べると思ったからです。

プログラミング教室とロボット教室の違いを紹介します。子どもに合った教室を選んであげましょう。


\ 学期途中の入会・体験教室OK /

ロボット教室の体験教室を急いでいるなら1番人気のヒューマンアカデミーで決まり!


プログラミング教育の義務化、将来必要になるスキル

プログラミング教室とロボット教室の違いを比較してわかりやすく解説します

プログラミング教室もロボット教室も今もっともホットな習い事として、通う子どもが続々と増えています。

2020年から小学校で始まるプログラミング教育の影響もありますが、将来必要になるスキルとしての認知がようやく広まってきたからではないでしょうか。

 

子どもにさせたい習いごと1位はプログラミング教室

子どもにさせたい習いごと1位はプログラミング教室

参考 子どもがいる親世代に聞いた「年末年始の習い事アンケート」2017年、子どもにさせたい習い事、第1位は「プログラミング教室」株式会社イー・ラーニング研究所のプレスリリース

プログラミングを身につけることができる習い事として、プログラミング教室とロボット教室とでは、どう違うのでしょうか。

 

プログラミング教室とロボット教室の違いを徹底比較

プログラミング教室とロボット教室の違いを比較してわかりやすく解説します

プログラミング教室とロボット教室。一体どんな違いがあるのでしょうか。

ひとえにプログラミング教室やロボット教室といっても、各教室によって授業内容や方針などの違いもありますが、あくまで一般的な違いということで比較をします。

※今回は、業界最大手のヒューマンアカデミーが運営するプログラミング教室とロボット教室で比較しています。

 

プログラミング教室とロボット教室の比較

まずはこちらの比較表をご覧ください。

プログラミング教室とロボット教室の違い
プログラミング教室 ロボット教室
使用するもの パソコン ロボットとタブレット
授業内容 パソコンを使ってプログラミングを行う ブロックやモーターを使ってロボットを組み立てる
上位コースではタブレットを使ったプログラミングも行う
作るもの アニメーションやオリジナルゲーム
上位コースでは本格的なプログラミング言語を使用する
電動ロボット
上位コースではロボットにプログラムを組み込む
扱うプログラミング言語 ビジュアルプログラミング
上位コースではテキストベースの本格的なプログラミング言語も
ビジュアルプログラミング
上位コースではテキストベースの本格的なプログラミング言語も
対象年齢 小学3年生~ 5歳~

大きく違うのは、目的と手法ですね。

プログラミング教室はパソコンを使ってプログラミングの習得を目指しますが、ロボット教室はロボットを作る=物作りを原点とし、そのロボットにより複雑な動きを加えるためにプログラミングを活用します。

つまり、プログラミング「を」学ぶのか、プログラミング「で」学ぶのか、という違いがあるということです。

それぞれの教室の特徴を見ていきましょう

 

プログラミング教室の特徴

プログラミング教室では、パソコンを使ってプログラミングを学びます。

1年目と2年目に扱う教材はScratch(スクラッチ)です。

プログラミング教室とロボット教室の違いを比較してわかりやすく解説します
Scratch(スクラッチ)は全世界の子ども(大人も!)が遊んでいるプログラミング学習ソフトです。
ビジュアルプログラミングという、プログラムが決められたブロック(オブジェクト)を組み合わせることで、プログラムを簡単に組むことができます。
ゲーム感覚でプログラミングの構造や基礎知識を身につけることができるので、はじめてプログラミングにふれるのに最適な教材の1つと言われています。

Scratchを使用してアニメーションやゲームを作っていきます。

まずはテキストに沿って指示通りに作り上げることでプログラミングの基礎を身に付け、その後で自分オリジナルの動きやデザイン、ストーリーを作っていきます。

アニメやゲームが好きな子であれば、自分で作ったプログラムで目の前(画面上)のキャラクターが動くことに興奮すること間違いありません。

実際のScratchの様子を動画で見てみましょう。

注)こちらの動画はヒューマンアカデミーのものではありません。あくまでScratchの参考動画としてご覧ください。

いかがですか?見た目はシンプルなのですが、意外と複雑なことができますよね。

ちなみに、Scratchを極めていくと、次の動画のようなゲームも作ることができます。

このように、Scratchを使うことによってゲーム感覚でプログラミングを学んでいくことができるようになっています。

そして3年目からは、テキストベースの本格的なプログラミングの学習の始まりです。

いわゆるエンジニアやプログラマーと呼ばれる人たちと同じようなプログラミング言語に挑戦していくことになります。

 

ロボット教室の特徴

ロボット教室では、ブロックやモーターを使ったロボットを組み立てます。

最初はプログラミングを使いません

プログラミング教室とロボット教室の違いを比較してわかりやすく解説します
レゴのようなブロックとモーターやセンサーを組み合わせてロボットを作ります。
物作りを通して「なぜ?」「どうして?」といった論理的な思考を身につけることから始めます。
2~3年目からプログラミングを使ってロボット制御することを学びます。

まず最初はロボット作りのみを行います。プログラミングはありません。

ただし、ロボットを作る過程で論理的な思考を身につけることができます。これは、プログラミングを学ぶ上で最も重要なスキルです。

とはいえ「ロボットを作る」と聞いて「それだけ?」と思っていませんか?

それは勘違いです。

プログラミングを使わずとも、驚くような動きをするロボットを作ることも可能なのです。

 

こちらの動画を10秒だけご覧ください。(1:02から始まるようになっています)

⇩ ロボット教室OGの鳥山樹さんが出演するテレビ ⇩

なんとこのロボット、音に反応して形を変えるのですが、プログラミングは一切使用しておりません

しかも、これは教室のテキストにあったものではなく、鳥山くんが自分で考えたオリジナルロボットなのです。

このように、プログラミングを使わずとも様々なロボットを作ることができます。

逆を言えば「プログラミングに頼らないからこそ作れるロボットもある」とも言えるでしょう。

テキストに掲載!

鳥山くんが考案しただんご虫ロボット。なんと今ではミドルコースのテキスト(教材)に使われているのです。生徒が考えたロボットが教材になるなんて凄いことですよね。

そうして2~3年目からロボット作りにプログラミングが取り入れられます

より複雑な動きをロボットに加えるために、プログラミングが必要になるのです。

ここで使うことになるプログラミングは、先程のScratchとよく似たビジュアルプログラミングになります。

 

紹介動画を見るとわかりやすいです。

※プログラミングを扱うコース(アドバンスプログラミングコース)の紹介は0:58から

⇩ ロボット教室の紹介動画 ⇩

すでに論理的な思考を身につけている子どもにとって、プログラミングは非常に相性が良く、どの子もすぐに覚えることができるでしょう。

ちなみにプログラミングを組んだロボットはこんな感じです。

アームの根本部分に取り付けられてるセンサーが床の黒い線に反応すると、アームを上げたり下げたりするようにプログラミングが組まれています。

また、タイヤが回転する方向も前なのか後ろなのかも同じくプログラミングされています。

こんな複雑なロボットを小学生が作れるようになってしまうのは驚きです。

わが子も来年からこのプログラミングを学ぶコースに進級予定なので、非常に楽しみにしています。

※中学生になると、テキストベースの本格的なプログラミングを使ったロボット作りに挑戦することになります。

 

プログラミング教室とロボット教室の違い

似てるようで意外と違うプログラミング教室とロボット教室。

どちらもプログラミングを学ぶことはできますが、過程と着地点が異なります。

プログラミング教室

  • プログラミングを学びながら、パソコンスキルと論理的思考を身につける
  • ゲームやアニメーションを作ることで、WEBデザインやプログラマーとしてのスキルを磨いていく
  • 将来はシステムエンジニアプログラマーといったIT系の道に進めるので就職に有利!起業することも!?

ゲームやアニメが好きで、パソコンを使うのに慣れている子どもであればプログラミング教室が良いでしょう。

オリジナル作品を作る過程でプログラミングの基礎をしっかりと身につけることができます。

また、プログラミングを通じて様々な分野に興味を持っていく可能性も十分に考えられます。

 

ボット教室

  • ロボットを作る過程で、論理的思考(モノの構造)を身につける
  • プログラミングでロボットより発展させていく
  • モノ作りもプログラミングもできるので、IoT自動運転技術といったより広い分野にも期待!

プログラミングやパソコンに興味があるかどうかわからない。ブロック遊びや工作が好きな子であればロボット教室が良いでしょう。

ロボット作りにはまれば、自ずとプログラミングに興味が湧きます

そのままロボット教室でプログラミングを学んでも良いですし、プログラミング教室に切り替えても良い。

どちらにでも舵をきれるのがロボット教室の強みかもしれません。

 

プログラミング教室とロボット教室、どっちが良い?

結局うちの子にはどっちが良いのかしら?
迷うくらいなら両方とも一度試してみた方が良いですよ。

プログラミング教室とロボット教室の違いを紹介してきましたが、まだぼんやりしてるのではないでしょうか。

言葉ではなんとなくわかっていても、あまり実感が沸かないですからね。

そんなときは両方とも体験教室に参加してみると良いでしょう。

親の教育方針にもよりますが、結局子どもが「やりたい!」と言わなければ続かないのが習い事です。

であれば、実際に子どもに体験させてみるのが1番手っ取り早い方法です。

もしかしたら両方とも興味を持ってくれない可能性もあります。

迷ったり悩んだりしてる時間ももったいないですし、体験だけなら無料でできますので、一度近くの教室を探してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したヒューマンアカデミーの教室は全国展開している上に、体験教室でのしつこい勧誘がないと評判です。

個別相談も受け付けてくれるので、まずは一歩踏み出してみましょう。

 

ロボット教室通うならヒューマンアカデミー

 

わが家はロボット教室で楽しく学んでいます

私の子どもはヒューマンアカデミーのロボット教室でプログラミングを学んでいます。

プログラミング教育の対策としてももちろん、集中力や創造力も身につくので、ロボット教室に通わせて正解だったなぁと思います。ロボット作りはとても楽しく、いつも笑顔で帰ってきますよ。

ヒューマンアカデミーの場合、体験教室は無料です。しつこい勧誘もないので気軽に楽しめるはずですよ。

お試し気分で子どもの反応を確かめてみてはいかがでしょうか。

後になって「あの時体験教室だけでも連れて行っておけば…」となってからでは遅いですからね。

>>近くの教室を探す

 無料の体験教室を予約する >

※ クリック先の公式サイトにて、画面上部の「体験授業受付中」ボタンから、近くの教室をお選びください。

ロボット教室を体験するならヒューマンアカデミーが1番おすすめ

※日程が合わない・記載されていない場合は「個別相談申込」より、都合の良い日時で調整することもできます。

この記事は参考になりましたか?

結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...