『はじロボ』は『未来の学びコンソーシアム』賛同企業の株式会社Cadenzaが運営しております。

programin-review34

「プログラミン」は、ユーザーインターフェイスの設計にあたって、MITメディアラボのライフロングキンダーガーデングループで開発されたビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を参考にしています。